プログラミングでドローンを飛ばすことに成功!

Scratchでプログラミングを行い、マイクロドローン(200g以下・航空法規制外)を飛ばすことに成功しました!

全て英語になりますが、マイクロドローン「Tello」の公式サイトにScratchでドローンを飛ばすまでの手順が書いてあり、このレジュメを参考にしました。


「Scratch README」をクリックするとレジュメのPDFファイルがダウンロードできます。

このレジュメはかなり簡易的にしか書かれていないのですが、翻訳したものを以下に記載いたします。参考になれば幸いです。


1.以下のURLにアクセスし、Scratch 2.0 Offline Editorをインストールする

2.node.jsを以下のURLからダウンロード&インストールする


3.以下のURLをクリックして「Tello.js」 と 「Tello.s2e」をダウンロードする。そしてターミナルを起動し、「node」と打ち、「Tello.js」を貼り付ける

4.ターミナルをそのままにした状態でScratch 2.0を開き、Shiftキーを押しながら「ファイル」メニューをクリックすると「実験的なHTTTP拡張を読み込み」が出てくるので、それをクリックし、先ほどダウンロードした「Tello.s2e」をインポートする。


5.Scratchの「スクリプト」>「その他」の箇所にTelloのインターフェース(Telloを動かせるブロック)が出現する。


となります。

このScratchでプログラミングしてドローンを飛ばす取り組みは、教室の授業でも行っていきます!

鎌倉駅前プログラミング教室 for Kids

鎌倉駅から徒歩1分の場所にある小学生向けプログラミング教室です。ゲームを作ってプログラミングを学ぼう!

0コメント

  • 1000 / 1000