プログラミングが大学入試のテストになるって本当?

はい、2024年度から「大学入学共通テスト」にプログラミングが導入されます(現在の中学1年生以下が対象です)。


「鎌倉駅前プログラミング教室 for Kids」「大船駅前プログラミング教室 for Kids」のカリキュラムは高校の教科「情報」に匹敵する本格的な内容が身につき、2024年度から始まる大学入学共通テストにおける「プログラミング」試験への対応を視野に設計しています。始めるなら小学生の今がオススメです。

なぜ小学生でも本格的にプログラミングができるようになるのか

①理由はゲーム作りを通した、楽しく本格的に学べる環境にあります

正負の数座標など中学の数学で習う知識を、プログラミングでゲーム内のキャラクターを動かしながら学ぶことができるだけでなく、プログラミングの応用編である変数・配列・関数も小学生のうちから学ぶことができます。

「論理的思考」にとどまらない本格的なプログラミングの基礎が身につきます。

②個別指導により「ついていけない!」「進みすぎて退屈!」といったことがなく安心です

従来の集団指導では授業の60分間のうち、子どもたちが本当に理解しているのはたったの6分です。

残りの54分はすでに知っていることだったり、逆にまったく理解できないこと。一斉授業では、全生徒の理解度をひとりずつ考慮することはできません。

そこで、ひとりひとりの進度・理解度に沿った、個別最適化された授業を実現するため、AI(人工知能)を活用した学習教材「QUREO」を採用。


進み具合・理解度は先生が管理者用アカウントで逐次確認します。

AIは生徒ひとりひとりの解答だけでなく、解答にいたるまでにどのような操作を行ったかというところまで解析し、どこでつまずいたのかを調べ、得意/不得意な単元や復習すべき単元の提案までしてくれます。

これにより「ついていけない!」「進みすぎて退屈!」といったことがなく安心です。

③さらには「プログラミングができる」にとどまらず、発表会で主体性・発信力が育まれます

自分が作った作品を他者に魅力的に・分かりやすく伝えらえるようになるために、半年に一度発表会を行います。オリジナル作品は発表を前提に作成しますので、子どもたちが本気になって取り組みます。また作ったオリジナル作品は動画にしてパワーポイントで発表するなど、本格的な発表ができるように支援いたします。

3万人以上の小学生が学んだ「Tech Kids School(サイバーエージェントグループ運営)」がカリキュラムを監修

AbemaTVやAmebaブログ、スマートフォン向けゲームなど多くのインターネットサービスを運営する、サイバーエージェントグループの開発ノウハウが詰まったプログラミングスクール「Tech Kids School」がカリキュラムを監修しています。

すでに鎌倉市内を中心に17の小学校から生徒が学びに来ています!

鎌倉校は逗子や大船、藤沢の小学校からも通っているお子さまが多く、神奈川県内でも最大級の生徒数を誇るプログラミング教室です。

このたび、多くの声を頂き2020年4月に「大船駅前プログラミング教室 for Kids」として、大船駅前でも開校することとなりました。さらには同じく2020年4月に湘南T-SITEにて「湘南T-SITEプログラミング教室 for Kids」を開校いたします。

まずは体験してみてください。

そしてお子様が生き生きと楽しくプログラミングを学んでいる姿をご覧ください。もちろん、パソコンを操作したことないお子様でも問題ありません。

さらにプログラミング情報ポータルサイト「コエテコ」から体験申し込み&アンケートに回答いただくと、今ならAmazonギフト券¥2,000分が全員にプレゼントされるキャンペーン中ですのでオススメしております。※キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

ご希望の日時が早めに埋まってしまうこともありますので、行ける日が確定していましたら、お早めのお申し込みをオススメします。

鎌倉駅前プログラミング教室 for Kidsについて

「鎌倉駅前プログラミング教室 for Kids」は、国内最大の小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」を運営している株式会社CA Tech Kids(サイバーエージェントグループ)と提携した、ゲーム作りを通して楽しく本格的にプログラミングを学ぶことが出来る教室です。

 

2020年4月には「大船駅前プログラミング教室 for Kids」、さらには「湘南T-SITEプログラミング教室 for Kids」がオープンします。

運営会社

社名: 合同会社鎌倉新聞社

設立: 平成30年4月17日

代表者: 本田 耕一朗(ほんだ こういちろう)

所在地: 〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町11-37 小林ビル1F

電話番号: 050-3697-9387

事業内容: 

1.オンラインメディア(鎌倉新聞)の運営  

2.クライアントワーク(動画制作)

※事例:SHOWROOM株式会社代表・前田裕二氏「メモの魔力」プロモーション動画

※事例:株式会社リンクアンドモチベーション取締役・麻野耕司氏「THE TEAM ~5つの法則~」プロモーション動画

3.イベントの企画・運営

※事例:「変化できない”おっさん”になるな!」〜幻冬舎/NewsPicks Book編集長 箕輪厚介×面白法人カヤックCEO 柳澤大輔トークショー〜

※事例:動画ビジネス最前線!〜ONE MEDIA代表明石ガクト×日テレラボシニアクリエーター土屋敏男〜

4. 小学生向けプログラミング教室の運営

代表者挨拶

鎌倉駅前プログラミング教室 for Kids代表の本田耕一朗です。

「生徒1人1人に向き合い、プログラミングを通じて子どもたちを豊かにしたい」

この思いを胸に、鎌倉駅前プログラミング教室 for Kidsを運営しています。


教室を運営していて一番嬉しいのは、子どもが「楽しい!」と言ってくれるとき。そして大人の想像をはるかに超えた成長をみせてくれたとき。


プログラミングの基礎を学び、ゲームを作ることを楽しみながら、個性を引き出し、自律性を育んでいく。 そして近い感性を持つ仲間とつながり、承認し合い、刺激し合い、ともに成長する。鎌倉駅前プログラミング教室 for Kidsでの経験が、彼らの将来にとって有益なものになるよう、心から願っております。


代表者プロフィール:

1986年生まれ。鎌倉市在住。

広告技術ベンチャー企業・外資系広告会社を経てデジタル広告業界で8年務めた後、鎌倉新聞を立ち上げ、合同会社鎌倉新聞社を創業。

会社員時代はセールスの立場にも関わらずコードを書いてクライアントの課題解決をするセールスエンジニアとして、クライアントの満足度を高め続けていた。