プログラミングは1人で行うものではない?

こんにちは!鎌倉駅前プログラミング教室 for Kids・代表の本田です。


11月末は「ペアプログラミング」という、2人で1つの作品を作るということを、最大限の感染予防対策を実施しつつ行いました。


ペアプログラミング(3人以上の場合はモブプログラミング、と呼ばれます)は、コードを書く人(ドライバー)、ドライバーを助ける人(ナビゲーター)に分かれ、その役割を交代して行っていきます。

(本画像はCC BY-SA 4.0で提供しています。原本はこちら。作成者:@togazoさん)


ペアプロの流れとしては、

1. 作るゲームを2人で相談して決める

2. 1.をもとに、ドライバーとナビゲーターを5分交代×3セットを行う

というもの。


当教室でペアプログラミングを行う目的は、

・「友達と作るの楽しい!」と思ってほしい

・プログラミングは個人で行うだけでなく、チームで行うとより色んなアイデアが出てきて

・他者と協働しながら学びに向かう力を身につけてほしい

・しっかり言語化する力が身につけてほしい(特にナビゲーター側)

です。


プログラミングは1人で黙々と行うことと思われがちですが、実はそうではなく、普段私たちが使っているアプリやwebサイトはほとんどが多くの人によって作られています。


今後も当教室ではペアプログラミング・モブプログラミングを、定期的に行ってまいります。

鎌倉駅前プログラミング教室 for Kids[公式]

鎌倉駅前・大船駅前・湘南T-SITE・オンライン校の4校を展開する小・中学生向けプログラミング教室です。ゲームを作ってプログラミングを「楽しく」「本格的に」学ぼう!

0コメント

  • 1000 / 1000